ミスターイトウ

創業60年 こだわりの、おいしくて品質の高いクッキー・ビスケット作り

企業情報

イトウ製菓 企業情報

ミスターイトウでおなじみのイトウ製菓の企業情報をご紹介いたします。

企業案内

みなさんに幸せをお届けしたい

昭和27年創業のイトウ製菓は、クッキー・ビスケットの
専業メーカーとして歩んできました。
創業から一貫してきたことは、「常にお客様のことを考え、
おいしくて、安心・信頼のできるクッキーづくり」を
目指してきたことです。
これからも私たちは、「変わらない美味しさ」と「感動する
おいしさ」を追求し、皆さまに幸せをお届けしていきたい。
このような思いで、日々開発・製造に取り組んでおります。

経営理念(経営方針)

活人・活物

人にも物にもそれぞれ固有の命があり、それを十二分に活かすことが、経営の基本理念です。
『活人』とは、当社に関わるすべての方々が、その力を余すことなく発揮し、
生き生きと生活できる活気ある企業であること。「企業は人である」の言葉どおり、
そこで働く人が生き生きとしていることこそ、企業の活気に結びつく大切なことです。
『活物』とは、豊かな自然の恵みである良質の小麦粉・鶏卵・砂糖・バターなどを使い、真心をこめて手をかけ、
クッキー・ビスケットという新しい命あるものとして、多くのお客様にお届けすることです。

代表者 ごあいさつ

私たちはクッキー・ビスケットの専業メーカーとして、
商品を通じてより多くのお客様に満足と幸せ(笑顔)をお届けすることを
目的に歩んでいます。
創業より私たちが大切にしている「活人・活物」は時代が変化しても
変わらない思いです。
活人とは働く社員の皆さん1人1人が
NO.1の特技を身につけて社業発展に貢献すること、
商品に関わるすべての工程で自らの価値を注入することです。
活物とは素材本来の味を活かすこと、
ミキシングから包装までのものづくりへの追求、役立つ情報の提供を通じて
品質を常に向上させることです。

クッキー・ビスケットは長年おやつとしてお客様に愛されています。
それは腹持ちがよい、栄養価が高い、保存形態にすぐれるなど、
お菓子の中でも特徴的な機能があるからでしょう。
少子高齢化がすすむ日本と世界に向けて発信するジャパン、
移りゆく時代の変化に対応してクッキー・ビスケットの可能性をより広げていく
「ミスタービスケット」になることが私たちの使命です。

代表取締役社長 山崎 敬介

おいしさへのこだわり

“お客様に永く愛されるおいしい商品をつくりたい”それが私たちのお菓子作りに対する想いです。
常にこだわり続けているのは、皆さまに“素材そのもののおいしさ”をお伝えすることです。
皆さまに永く愛され、いつも身近に置いていただける商品作りを目指し、新商品の開発はもちろん既存商品の微妙な改良についても、あらゆる角度から常に研究を重ねていきます。
これからも、私たちはより新鮮でおいしいクッキー・ビスケットを皆さまにお届けできるよう、精一杯努力していきます。

クッキー・ビスケット専業メーカーの誇り

私たちは、創業以来50年以上、クッキー・ビスケットの専業であることにこだわってきました。
その理由はおいしくて品質の高いクッキー・ビスケット作りに専念し、ひとりでも多くのお客様に召し上がっていただきたいという想いからです。

「お客様の満足を第一に」
おいしさだけではなく、商品の品質や安全性が求められています。時代とともにお客様のライフスタイルや嗜好性も変化しています。常に、「召し上がっていただくお客様の満足を第一に考えること」それが商品作りに対する私たちの基本姿勢です。

「永く愛される商品づくり」
過去にはヒット商品も生まれましたが、私たちがつくりたいのは末永く親しんでいただけるクッキー・ビスケットです。
親から子へ、子から孫へ愛され続ける、そんな商品をつくることが私達の夢です。

会社概要

商号 イトウ製菓株式会社
本社所在地 〒114-0014 東京都北区田端6-1-1 田端ASUKAタワー8階
電話番号 03-5814-4641 (代表)
設立 1952年8月12日
資本金 3億6,075万円
事業目的 クッキー・ビスケット類の製造・販売
従業員数 192名
決算期 3月
役員 代表取締役会長 伊藤 雄夫
代表取締役社長 山崎 敬介
取締役副社長 平田 豊
取締役 中村 雅昭
監査役 酒井 幸夫
監査役 塚崎 一彦
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 池袋支店
三井住友銀行 小石川支店
関連会社 株式会社カルケット
株式会社コンフェティ
株式会社コントレ
創業者 伊藤 明

沿革

1951 パンの製造販売開始
1952 足立区に「伊藤製菓株式会社」を設立、菓子類の製造・販売を始める
1957 ワイヤーカッター機による日本初のクッキー量産化に成功
1958 第15回全国菓子大博覧会にてバタークッキーが「名誉総裁賞」を受賞
1959 日本で最初のプレッツェルの製造・販売を開始
1963 「イトウ製菓株式会社」に社名変更
1964 スチールバンドオーブンを導入し、クッキーの大量生産を開始
1968 第一工場完成
1971 カルケット製菓株式会社を設立。乳幼児向けビスケットの製造を開始
1974 日本初の最新鋭ガスオーブンを増設
1979 オーストラリア最大のビスケットメーカー「アーノット社」と技術提携
1982 最新鋭のコンピューター計量システムを導入
1985 第二工場の製造開始
1989 第28回モンドセレクションにてうすやきチョコサンド、ラングリーチョコハーフが金賞を受賞
1990 株式会社コンフェッティを設立
1993 NPS研究会に入会、MIPSを始動
1995 第34回モンドセレクションにて、アメリカンソフト2品が特別金賞と金賞を受賞
1995 本社を東京都北区田端(現在地)に移転
1999 株式会社コントレ設立。こだわりクッキーの通信販売を開始
2000 品質保証の国際規格である「ISO9001認証」を取得
2003 カルケット製菓株式会社を株式会社カルケットに社名変更
2004 第一工場増改築工事完了
2007 有機JAS認定証取得
2008 AIB指導審査開始
2009 ISO9001/2008年版 移行認証取得
2013 直売所を開設し、アウトレット製品販売開始
2014 UAE IFFCO社と技術供与契約締結

事業所と工場の所在地

事業所と工場の所在地

CSR

環境
使用済み商品トレーなどの発泡スチロールを再利用した
エコトレーを使用し、ゴミを減らす取り組みに参画しています。

福祉
使用しているエコトレーの製造工場では20~50代の障がい者の
方が勤務しており、社会人としての自立を支援しています。

教育
江東区にあるエコトレー生産工場の見学は周辺小学校の
社会学習プログラムに組み込まれています。
工場見学や働く障がい者の方とのコミュニケーションにより、
環境意識の啓発や、障がい者との相互理解を促進します。

支援しているリサイクル施設
エコミラ江東について
エコミラ江東